FC2ブログ

Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

本日の養生ごはんは【麻婆豆腐】です✨✨



麻婆豆腐(まーぼーどうふ)は、四川料理のひとつで、ひき肉と赤唐辛子、花椒、豆板醤、トウチはどを炒め、鶏ガラスープを入れて豆腐を煮た料理。

本日は豚ひき肉・玉ねぎ・椎茸・自家製豆板醤・麻椒・トウチと、絹ごしよりもカルシウムが多く栄養的に優れている木綿豆腐を使った麻婆豆腐です。

聞き慣れない麻椒(マージョー)は、花椒(カショウ)よりも味が濃く、花椒よりも痺れる辛さと清々しい香りのスパイス。
体を温める効果が高く、体内のめぐりをよくし、冷えや血行不良が引き起こす症状をやわらげます。
また、鎮痛、解毒、寄生虫駆除などに薬効があるとされます。

トウチは、豆チ(豆へんに支)と書き、黒豆を水で戻してから蒸して、塩と麹、酵母を混ぜて発酵乾燥させた調味料。
中華料理では、麻婆豆腐のほか、野菜の炒め物にコクを出すための調味料としても使われます。
薬膳では辛涼解表類(しんりょうげひょうるい)で、風邪の熱や止血の生薬として用いられ、また健胃・消化促進などの作用があります。

豆腐は、体の余分な熱を取り、体を潤す作用があります。

豚肉もまた潤いを与える食材。

トウチや豆腐の涼性(体の熱を冷ます)の作用を打ち消すのに、熱性の麻椒、唐辛子、豆板醤といった辛味調味料を使って、体を冷やさない工夫がされています。

体を潤して温める麻婆豆腐も冬にピッタリなんですね✨✨


➕日替わりおかず➕380円(税抜)は、
【蒸し鶏 黒胡麻ぽん酢】です❣️

やわらかい鶏むね肉を蒸して、黒胡麻ペースト&自家製ぽん酢のタレをかけて召し上がっていただきます。

黒胡麻(くろごま)には高い滋養強壮効果があり、氣血の不足が引き起こす慢性的な疲労、筋力の低下、ドライアイ、情緒不安といった症状の改善に有効。
また、肝と腎の機能を高め、足腰のだるさ、耳鳴り、脱毛、白髪、精力減退、生理不順にもよく、中国では老化予防の薬膳料理によく使われます。
腸に潤いを与えるので、空氣が乾燥する季節の便秘にもオススメです。

鶏肉も体を温め、氣血を補う作用、腎の機能を高める作用があります。

寒さで傷む腎を養って、潤いをプラス❣️
氣血を補って元氣いっぱい❣️に ´ω`)ノ


本日もご来店をお待ちしております(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)ペコリ♡...*゜

いつもご覧いただき、ありがとうございます
( •ᴗ•)*♪.•*¨*•.¸¸♬
スポンサーサイト
天然食堂かふぅ
Posted by天然食堂かふぅ

Comments 0

Leave a reply