Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

8月13日(日)
大阪 西区北堀江の「天然食堂かふぅ」にて、
村上和雄ドキュメント映画『switch』監督で、書籍編集者(現在はサンマーク出版所属)の鈴木七沖さんの朗読&お話し会を開催いたします。

※プロフィール
1964年に愛知県生まれ。現在の実家は滋賀県大津市。日本大学、文化服装学院を卒業後、さまざまな職業を経てから、33歳のときに㈱サンマーク出版に入社。現在、取締役&第4編集部編集長。これまでに担当した書籍は160冊以上、累計実売部数が330万部を超える。中でも2004年に刊行した絵本『いのちのまつり』は、絵本としては異例とも言える売れ行きで、今や小学校の道徳の教科書や副読本にも掲載されながら読み継がれている。2011年3月、ドキュメント映画『村上和雄ドキュメント「SWITCH」』を制作。自主上映は国内外で400回を超え、観客動員数は約6万人にのぼる。現在、書籍の編集、各種イベント開催、映像作品の上映会、講演会など、様々な形で「世界を変える種まき」を実行中。2017年4月より淡路島にて農業研修をスタート。また、辰巳芳子さんの門下生でもあり、「いのちのスープ」を学んでいる。

今回朗読していただくのは、大人にこそ知っていただきたい2冊の絵本、
*「いのちのしくみ」
*「このママにきーめた」

静かに優しく響く七沖さんの声は、心の深くに届きます。そして、これからの時代に向けて大切なことを話される予定です。

以下、鈴木七沖監督より

【本を片手に、希望は両手に】

これまでもお声をかけていただければ、全国津々浦々、担当した絵本や単行本の朗読会、またはお話し会に参加してきました。ここfacebookでつながっている方々の大半は、旅の途中で出会った人たちばかり。ありがたいですね。

どのような人たちが「本」を支えてくださっているのか、私自身とても勉強になりますし、心の奥の奥が極まっていくのがわかるんですよね。「本」って、人が書いて、人が編んで、人が読んでくれるものですから。いくらAI(人工知能)が発達してもね、できないことなんていくつもありますよ。

人から人へとつながっていくものは、とくにそうでしょうね。

お近くにお住まいの皆様、出逢えるご縁を楽しみにしております。

◎絵本『いのちのまつり』
◎絵本『このママにきーめた!』

2冊を中心とした人間の「しくみ」のお話、「いのち」のお話でございます。



《8月13日(日)大阪 北堀江 天然食堂かふぅ》
◎絵本「いのちのまつり」講演会
[開演時間]13:30〜 ※13:00開場です※
 (*2時間半〜3時間の予定です)

[会場〕天然食堂かふぅ
〒550-0014
大阪市西区北堀江1-14-21 鳥かごビルヂング1F(第1北堀江ビル1F)
06-6533-0775
 
[参加費]5,000円
( ※事前にお支払いお願いします)
*ドリンクと菓子&七沖さんからのプレゼント付き*

 
[定員]30名
 
[申し込み方法]
cafuu_shokudou@yahoo.co.jp
下記内容をメールにてお送りください。
ご入金方法をご案内いたします。
 
・お名前・電話番号・お申込み人数・お申込み人数が複数の場合は、参加される方のお名前をお知らせください。
スポンサーサイト
天然食堂かふぅ
Posted by天然食堂かふぅ

Comments 0

Leave a reply