5月10日水曜日の養生ごはん🍚

Category: 本日のメニュー  

本日5月10日は二十四節気【立夏】をさらに三つに分けた七十二候の【蚯蚓出(みみずいずる)】です。

冬眠していたミミズが土の中から出てくる頃。

他の生き物は「啓蟄」の頃に出てきますが、ミミズはマイペースに、この頃活動を始め、土を肥やしてくれるのですね(´˘`*)

ミミズは栄養豊富な糞を排泄し、その糞にさらに小さな微生物たちが住み着きます。
また土中を活発に動き回ることで土をやわらかく耕し、通気性をもたらすことから、日本では「自然の鍬」と呼ばれていました。
アリストテレスは「大地の腸」と名づけ、英語名ではearth worm(地球の虫)というそうです。

丹波の山田さんの畑でも、奈良の山口さんの畑でも、昨日の雨で畑が潤って、今頃ミミズが這い出てがんばってくれてるんでしょうねー(*´˘` )♥

さてさて、本日の養生ごはんは
【チキン南蛮】です✨✨



卵を使用したふんわりサクサクな衣の、柔らかい鶏むね肉の天ぷらを、自家製みかん酵素と陳皮酢の甘酢にくぐらせ、マヨネーズから自家製のタルタルソースをたっぷりかけました💕

今日は卵をたっぷり使ったおかず🍳

卵は黄身と白身でそれぞれ性質が異なります。
ビタミンCと食物繊維以外の栄養成分が含まれた、「ほぼ完全栄養食品」。
必須アミノ酸は8種も含まれていて、その中のひとつメチオニンは抗うつ、抗アレルギー効果があると言われています。
また、卵の鉄分は体に吸収されやすく、貧血予防にも効果的だとか。

薬膳では、黄身は体に不足している体液や血液を補い、体を潤す作用があります。
また、白身は体の余分な熱を冷まし、目の充血や喉の痛み、咳を改善する作用があります。
心(しん)の働きを高めるので、体中に血液を送り、動悸や息切れ、不安感を取り除き、顔色良くツヤのある肌にしてくれます✨✨

心配されがちなコレステロールですが、黄身に含まれるレシチンにコレステロールを溶かす作用があり、動脈硬化を予防すると言われているので、いっぺんにたくさん食べ過ぎなければ大丈夫のようですので、ご安心を(*˙︶˙*)ノ゙🎵

本日もご来店をお待ちしております🍀

いつもご覧いただき、ありがとうございます(❁ᴗ͈ˬᴗ͈))🌸
スポンサーサイト

 2017_05_10


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

天然食堂 かふぅ

Author:天然食堂 かふぅ
美容と健康は食事から…をテーマに
玄米と野菜を美味しくお届けする
「天然食堂 かふぅ」です。
滋味あふれる天然のお味を
どうぞご堪能ください。

〒550-0014
大阪市西区北堀江1-14-21
鳥かごビルディング1F
TEL:06-6533-0775

「かふぅ」のホームページはこちら [cafuu-shokudou.com]

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR




.