Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

本日の養生ごはんは
【鶏と筍の天ぷら】です✨✨



筍には木の芽🌿がつきもの❣️ですが、まだ見かけないので、代わりに山椒塩を振りかけてあります。

筍(たけのこ)は、体の余分な熱を冷まし、咳や痰を取り除く働きがあるほか、尿の出をよくして、むくみを改善する効果もあります。
切り口に出る白い粉は、アミノ酸の一種でチロシンという成分。
脳の働きを活性化させるといわれ、老化防止効果が期待されています。

山椒(さんしょう)は、この時期「木の芽」として葉っぱが出回っていますね🌿
筍の木の芽和え。。。最高ですよね(*´˘` )❤

古くから利用されてきたミカン科の植物で、「木の芽」と呼ばれる若芽から、果実、タネ、さらには弾けた果実の皮や樹皮まで広く使われています。
しびれる辛さのもとは、サンショオールという成分。
食欲増進や胃腸の働きを活発にする効果があります。

この時季限定の春の味🌸たけのこの天ぷら
ぜひ、お楽しみくださいね(*´ヮ`)ノ🌸

本日もご来店をお待ちしております(❁ᴗ͈ˬᴗ͈))✨✨

いつもありがとうございます🍀🍀🍀
スポンサーサイト
天然食堂かふぅ
Posted by天然食堂かふぅ

Comments 0

Leave a reply