Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

東洋医学の考え方に、
病気を引き起こす外からの原因、

外因邪気

というものがあります。

四季それぞれに邪の特徴かあるのですが、

夏の外因邪気は

暑邪 または、火邪とされます。

まさに今日みたいなうだるような暑さの害が

暑邪です!

汗や熱の発散で体液を消耗するので
身体はカラカラ…

動悸、不眠、わけもなくイライラする、怒りっぽくなる…などのよくある症状は
体内の水分不足が原因かも…

夏バテや熱中症までなってしまうと
大変です。

そうなる前に対策を!

熱を取り除き、暑さから身体を守る食材

セロリ、ゴーヤ、レタス、白菜、緑茶
緑豆…など

喉の渇きを癒して潤いを与える食材

きゅうり、トマト、豆腐、西瓜…など

まさに旬の食材ですよね!

暑い沖縄ではよく料理に使われている

豚肉!

潤い効果バツグンのアンチエイジング食材ですよ♪

本日の養生ごはんにも、
豚肉の肉巻きフライをお出ししてます。

水分補給ばかりに頼っては
胃腸が弱ってしまうので、
旬の食材で上手に体液補充いたしましょ(^^♪
スポンサーサイト
天然食堂かふぅ
Posted by天然食堂かふぅ

Comments 0

Leave a reply