Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

本日は曇り空ですが、

日焼けが気になる季節がやってきましたね。

日焼けを起こす紫外線には

肌の表面の日焼けを起こすUV-Bと、

真皮層まで届き、皮膚ガンや光老化を起こすUV-Aがあり、

一般に使われている日焼け止めは、
皮膚表面の日焼け、UV-Bしかブロックせず、

深刻なダメージを与えるUV-Aには効き目がないらしいのです…

日焼け止めに含まれる添加物の毒性も気になりますよね…

そんな紫外線から皮膚を守るには
やはり内面から。

食べ物でケアするのが1番!

先日の自然派美容講座でもアドバイスいただきましたが、

紫外線を浴びる前後には、
赤い野菜をしっかり食べるのが効果的!とのこと。

トマト、赤いパプリカ、赤ピーマン、赤キャベツ…

店頭で赤い野菜を見つけたら、即買いですね!

本日の養生ごはんにも
美肌造りに効果的な
鱈と赤いトマトのチーズ焼きをご用意しております。


夏は赤い野菜!で、
美肌をしっかり守りましょう(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑


スポンサーサイト
天然食堂かふぅ
Posted by天然食堂かふぅ

Comments 0

Leave a reply